児童見学


新型コロナウイルスの関係で小中学校などが休校の措置をとっています。笛吹市境川町の児童センターでは、毎日建物内での預かりは子供たちもストレスがたまるということで、町内を散策。その一環として、「町内を知ろう」と、山廬に見学に来ました。突然の

訪問でしたが、小学校1年生から5年生の児童に、飯田蛇笏、飯田龍太のことを話しました。子供たちは、マスク着用し、感染に注意しながら、でも、屋外で元気に活動し、熱心に話を聞いてくれました。久しぶりに山廬に子供たちの声が響きました。