第5回碑前祭開催

 

 

2019年10月3日(木)蛇笏忌

秋晴れの中、5回目を迎えた飯田蛇笏・飯田龍太文学碑の碑前祭を山梨県立文学館で開催した。両文学碑の前には山廬の真竹に、山廬で採取した曼殊沙華が飾られた。

会場となった文学館には午前中から俳句愛好者が集まり、吟行を行っていた。正午の受付と同時に多くの方が受付を済ませ、専用の投句用紙に俳句を書いて投句を行った。午後1時から講演会が行われる講堂の入場が始まり、式が始まる午後1時半には、500席すべてが埋まった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山廬文化振興会の飯田秀實理事長、山梨県立文学館の桐林雅樹副館長の挨拶の後、笛吹市の山下政樹市長が祝辞を述べ、講演会となった。講師はテレビなどで大活躍の俳人・夏井いつきさん。「龍太に何を学んだか」と題し、俳句を始めて間もない時、龍太の「紺絣春月重く出でしかな」に感銘を受け、その後龍太の著書を教科書として俳句を学んだことなどを話した。時折交えるユーモアに会場は和やかな雰囲気の中、夏井さんの話を楽しんだ。この後投句された句の優秀作品の発表と表彰が行われた。最後に雨宮更聞理事が来年は龍太生誕百年にあたることを告げ、碑前祭を閉じた。

Please reload

​一般社団法人山廬文化振興会 

住 所:406-0851 山梨県笛吹市境川町小黒坂270 / メール:sanro-bs@kxe.biglobe.ne.jp / 電 話:055-234-5123