コゲラの子育て

 

 

 

 

 

 

 

4月中旬、孟宗竹の竹林で筍の収穫をしていると、どこからか木を叩く音がする。周囲に人の気配はない。耳を澄ませながら、音の方に近づいてみるがわからない。暫く周囲に注意を払っていると、何やら木のところで動いた。小鳥が木に留まっている。コゲラである。木の中にいる虫を取っているのかと思ったが、木に直径2センチの穴をあけている。巣作りだ。暫くコゲラの観察である。5月に入ると親鳥は巣穴に身を潜め、時折周囲を警戒している。中旬、親鳥が巣から頻繁に飛び立つ。5月26日巣穴が見えるところにカメラを据え、望遠レンズでけゲラの動きをとらえた。

親鳥が成長した雛にさかんに餌を運んでいる。 

Please reload

​一般社団法人山廬文化振興会 

住 所:406-0851 山梨県笛吹市境川町小黒坂270 / メール:sanro-bs@kxe.biglobe.ne.jp / 電 話:055-234-5123